全体のこと

【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用して利益を求める投資信託のことを指す。取得してからまもなく(30日未満)に解約の場合⇒手数料に違約金分も必要となるというものである。
一般的にバブル(泡)経済について。時価資産(例:不動産や株式など)の市場価格が過剰投機によって経済の成長を超過してもなお継続して高騰し、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指す言葉。
保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法の規定によって、保険を取り扱う企業は生命保険会社か損害保険会社に分かれることとされており、どちらの場合も免許(内閣総理大臣による)を受けた者を除いて実施できないことが定められている。
15年近く昔の平成10年6月、大蔵省(当時)銀行局や証券局等が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関するもののセクションを分離して、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく新しい外局として金融監督庁なるものが設置されたのです。
【解説】外貨預金とは?⇒銀行で取り扱う資金運用商品を指し、外国の通貨で預金する商品の名前です。為替の変動によって発生した利益を得る可能性が高い反面、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
簡単、外貨MMFはどんな仕組み?国内で売買することができる外貨商品の名前。同じ外貨でも預金と比較して利回りが良い上に、為替変動によって発生する利益が非課税だという魅力がある。証券会社で誰でも購入可能。
西暦1998年12月のことである、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として大臣を組織の委員長とされた機関である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に2年余り配された過去がある。
金融商品の仕組み。株式とは、出資証券(つまり有価証券)であり、出資を受けても法律的に企業は株式を手に入れた(出資した)株主への出資金等の返済の義務は発生しないということ。最後に、株式は売却によってのみ換金できる。
このため日本の金融市場の競争力を高めることを目的とした規制緩和だけではなく、金融システムのますますの質的向上を目指す取組や試みをすすめる等、市場環境に加えて規制環境の整備が推進されているのだ。
ゆうちょ銀行(株式会社ゆうちょ銀行)が取り扱っているサービスに関しては郵便貯金法(昭和22年-平成19年)の規定に基づく「郵便貯金」の定義は適用せず、他の銀行等と同じく銀行法の規定に基づいた「預貯金」を準拠した扱いのサービスです。
アメリカの連邦預金保険公社FDIC)をモデルに設立された預金保険機構(DIC)が支払う現在の補償額の上限は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円"です。同機構は日本政府そして日銀そして民間金融機関全体の三者ががほぼ同程度の割合で
簡単?!デリバティブの意味は伝統的なこれまでの金融取引または実物商品・債権取引の相場変動によって生まれたリスクを退けるために実用化された金融商品全体のことである。金融派生商品といわれることもある。
はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が突如破綻しました。これによって、初となるペイオフ預金保護)が発動し、全預金者のうちの3%程度ながらも数千人を超える預金者が、上限額適用の対象になったと想像される。
多くの保険会社が加入する日本損害保険協会は、日本の損害保険業全体の正しく適切な発展そして信用性のさらなる前進を図り、これによって安心さらに安全な世界を形成することに寄与することを目的としているのです。
Y2Kともいわれた平成12年7月、当時の大蔵省から金融制度の企画立案の事務を移管したうえで平成10年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁に改編。さらには平成13年1月、金融再生委員会は廃止され、、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。

広告を非表示にする